2019年04月13日

視線の抜けを考える

視線の抜けを考える

「くらしの真ん中に、台所」
キッチンリフォーム工事が着々と進んでいます。

写真は、壁だったところに通路を作ったところです。
筋違など構造上に支障がないか、確認しながら壁の一部を撤去して
家事動線をスムーズにしました。
今まで存在の薄かった窓が、ちょうど正面になり
視線の抜けになっています。
写真の窓が、壁だったとします。
閉鎖的ですし、部屋の明るさが全く違うように感じるでしょう。
人が通る廊下の正面や、ドアを開けた先に、窓を設けて明るくすると
家全体が明るい家に感じます。

ほかにも、アクセントウォールや天井の高低差、ニッチ棚など
手法はいろいろ考えられると思います。

grow desigin
グロウデザイン/一級建築士事務所 若井義治
〒530-0043 大阪市北区天満3丁目1-5 南天満ビル306
TEL 06-4792-8631 FAX 06-4792-8632
http://growdesign.jp/
growdesign@juno.ocn.ne.jp



同じカテゴリー(グロウデザインの活動)の記事画像
建築模型
木の骨組み
基礎配筋検査
解体工事からスタート
写真撮影しました
部屋を整理
同じカテゴリー(グロウデザインの活動)の記事
 建築模型 (2019-07-24 18:48)
 木の骨組み (2019-07-23 07:22)
 基礎配筋検査 (2019-07-19 19:38)
 解体工事からスタート (2019-07-16 21:01)
 写真撮影しました (2019-07-04 13:53)
 部屋を整理 (2019-06-26 18:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。