建築活動家 › グロウデザインの活動 › 内と外の中間域

2013年01月31日

内と外の中間域

前回の続きです。「土間のある家」

内と外の中間域
写真の左半分は、堀コタツのダイニングテーブルでした。
右にめを向けると段がいくつかあり、庭に通じています。
屋内から順に、堀デスク+室内土間。屋外になって、屋根つきテラス+庭。
そして、庭を見ながらちょっとした腰掛用の堀デスク。があります。

堀デスクは、庭を見ながらホットするところです。
夫婦の会話もはずみそうです。
キッチンに立ってみるとちょうど目線に庭が広がります。
後ろにも横長の窓があり、のびのびと過ごせる居心地のよい場所になりました。
もう一度、土間の方に目を向けると、模型では表現されていませんが、
土間と居間の間に 夏は葦戸(よしど)、冬は障子の引き込み戸が付きます。
夏は風通し良く涼しく、冬は二重戸で暖かく過ごせる工夫をしています。
内と外の中間域

グロウデザイン/一級建築士事務所 若井義治
http://growdesign.jp/
島本町・高槻市・茨木市など
北摂を中心に住宅・建築設計活動をしています。


建築いろは教室  2月23日(土)に行います
「傾斜地住宅を考える」
お問い合わせ。お申込み。 


同じカテゴリー(グロウデザインの活動)の記事画像
富田に建てた保育園~外観
見学会のお知らせ
建築模型
木の骨組み
基礎配筋検査
解体工事からスタート
同じカテゴリー(グロウデザインの活動)の記事
 富田に建てた保育園~外観 (2019-09-21 22:18)
 見学会のお知らせ (2019-09-17 07:03)
 建築模型 (2019-07-24 18:48)
 木の骨組み (2019-07-23 07:22)
 基礎配筋検査 (2019-07-19 19:38)
 解体工事からスタート (2019-07-16 21:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。